やっぱり自動が簡単でいいよね!でも、moveコマンドって、いつからあったの?


遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
どうも、かずや、でっせ☆

2年前に買った、OlympusのPJ-10
ま、一言で言えば、録音も出来ちゃうラジオです。

AM/FMの2バンドで、最大20番組の予約録音が可能。
ACアダプタ以外にも、乾電池単四×2本でも稼働可能!!
おやすみタイマーや、目覚まし機能までついていて超便利な一品!
内蔵2GBのメモリにバンバン録音してます。
録音する番組ごとに、保存するフォルダも替えられます!

録音しているのは、NHKラジオの語学番組。
基礎英語とかをMP3で録音して、iPodやiPhoneで聞いて勉強しようかと。

このPJ-10は、USBでPCに接続出来ます。
PCからはUSBメモリと同じように外部ドライブとして認識されます。
だから、録音したMP3も簡単にコピー出来ちゃうのです!

この2年間、エクスプローラで、しこしこと手でMP3ファイルをコピーしてました(汗)
これが、なかなかの手間、手間、手間。
手間以外の何者でもありません。

なんとか、自動化出来ないものかと、常々考えておりました。
そして、新しい年を迎えてしまいました(苦笑)

ってなわけで、バッチファイルで何とか出来ないものだろうか?と。
copyコマンドでコピーできるけど、
コピーした後にPJ-10内のファイルを手で削除するのも、ちとダサい。
で、検索してみたら、ありましたよ!ファイルを移動するコマンド、moveコマンド!
そのまんまのコマンドですね。。。

ファイルを移動する
コマンドの後ろに、
(1)移動元ファイルのパス、
(2)移動先のパスを書いてあげれば、思い通りにファイルが移動されます!

おぉ!こりゃ便利!!
このコマンドの存在を全然知りませんでしたね。
なんでも、Win2000の頃からあるみたい。少し、ショック(苦笑)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください