[20180304] きょうのかずや – 電力依存、テレビ依存


・夕方、水道の水を出したら、電気が止まった。別に、水を出したから電気が止まったわけじゃないんだけど。とてもタイミングがよかった。水道のレバーをあげて、ジャー!っと水が出始めて、途端に、ももクロの声が聞こえなくなったのだ。正確にはラジオが鳴らなくなったのだ。ブレーカーが落ちた時の、一瞬のヒュン!っていう、あの感じ。おかしなもので、電気が止まったのだろうと思ってはいるけれど、水道の水が出続けていることに違和感を覚えてたりして。

・アイロンを点けたわけじゃないし、電子レンジを使ったわけでもない。だから、ブレーカーが落ちているわけではないのだ!と頭では思っていても、ブレーカーを確認してみるしかなく。うん、やはり、ブレーカーは落ちていない。たぶん。普段のブレーカーのレバー位置をわかっていないので、いまのこの位置が正なのかがわからないのだ。「ブレーカーのレバーは下げないでください。」と札がついてる。レバーは上がっている。ということは、やはり、ブレーカーは落ちていないのだ!

・実は、ブレーカーが落ちたかどうかなんて、どうでもよかった。そんなことより、ハードディスクレコーダーが壊れてないかどうかが気になっていた。内蔵のハードディスクの空き容量が少なくなってきたので、外付けのハードディスクにダビングをしている最中だったのだ。「笑ってコラえて」の再放送も録画していたようだし。年末に買ったばかりで3ヶ月も経っていない。これで停電で壊れてしまっては、泣くに泣けない。確認したくても、電気がなければ、確認できない。

・もうひとつ気になっていたことがある。このまま電気が止まったままだとしたら、今夜の「モヤモヤさまぁ〜ず2」や「99.9」を録画できないのではないか?ということだ。とんでもなく、電気に依存した上での、テレビに依存した生活を送っていることに、自分自身内心苦笑。さすがに、これは妻にも言わず、いや、言えず(笑)レコーダーが壊れていたら、録画したくても、できないし。それはそれで、新たな問題になるのだな、と。いやはや、少し情けなくもあり、でも、可笑しくもあり。

・さて?困った。レコーダーのこともきになるが、我が家だけの問題なのか、そうではないのか、これも気になる。うーん、確かめる術を思いつかない。まずは、エレベーターが動いているかどうかだ!もしエレベーターが止まっていたら、もはや我が家だけの問題ではなく、マンションの問題に発展するのだ!すなわち、僕悪くないもん。と胸をはれる!玄関に向かい、玄関の電気を付ける。当然、灯りは付くはずもない。習慣ってコワい。

・エレベーターを見ると、階数表示のデジタルランプが真っ暗だ。そう、マンションが停電のようだ。天井にある、普段は気にしたこともない小さいランプの非常灯が点灯していた。うん、もしものときは、君が照らしてくれるのだね、と少しだけ心強く思った。はてさて、この後はどうしたらよいものか。どこかに聞こうにも術がないな。電話は使えないだろうし。いや、待て、スマホがあるではないか!いやー、便利な世の中!

・電力会社のサイトをみたけど、停電の情報は何もでてない。そりゃ、そうだよね、このご時世、悪天候でもなけりゃ、災害や事故が起こったわけでもないんだから
、停電になるわけがない!だって、そうだろ、ほら、外に見える信号だって、、、点いてない。。。おいおい、まじ。マンションの問題でもなく、もはや地域の問題のようだ。こうなったら、待つしかない(苦笑)。と、心を決めると、玄関の灯りが点いた!復旧したらしい。

・原因はわからないけど、ラジオもつくし、ハードディスクレコーダーたちもウィーンと稼働を始めたようだ。水も出る(笑)夜になる前に復旧してよかった、「モヤモヤさまぁ〜ず2」や「99.9」が始まる前に復旧してよかった、本当に良かった。いやいや、喜ぶのは早かった。レコーダーが壊れている恐れもあるではないか!早くウィーンという稼働音おさまれ!壊れてくれるな!と強く思いながら、平静を装う(笑)

・稼働音もおさまったので、リモコンの電源ボタンをおそるおそる押してみる。レコーダーの電源に連動して、テレビも電源が入った。そして、レコーダーのホーム画面が表示された!ハードディスクは大丈夫なようだ!はやる気持ちをおさえながら、ダビング中だった番組が消えていないかを確認した。お!これも問題なしー、ノープロブレムー!めでたし、めでたし。うーん、UPS(無停電電源装置)が欲しくなった。