[20180320] きょうのかずや – キャッシュカード


どうも、かずや、でっせ☆

・僕のキャッシュカードにはヒビが入っている。最初のヒビは、カードの左端の真ん中あたりで、そこから右に向かってのヒビ。そのヒビもカードの三分の一まで侵攻している。いつからか、反対の右端からも左に向かって2つ目のヒビが。うーん、いつ真っ二つになってもおかしくない危機的状況かも、と思い始めて1年ほど経ってしまった。ATMに入れたときに割れたら面倒なことになりそうだな、と思いつつ。交換したほうがよいのだろうが、変えたくない気持ちもあったりする。このキャッシュカード、僕が中学生のときに母親が銀行口座を作ってくれて、その頃からの付き合いになる。ずーっと使っている。2つの愛しきヒビも、経年劣化といっていい。長い付き合いというのもあるけれど、他にも、変えたくないなーと思うことがある。いまとなっては貴重なキャッシュカードかも。

・キャッシュカードには、キャラクターが描かれている。そのキャラクターとはサンリオの「みんなのたあ坊」。北海道民で、そこそこの年齢の人は分かる人が多いかもしれない。97年に破綻した、いまはなき、あの銀行のキャッシュカードなのである。うーん、貴重。だから、できるかぎり、そばに置いておきたい気持ち(笑)、これを持っているから良いことがあるなんてことはないのも分かっているけれど、なかなか変えがたく、今日まできている。瞬間接着剤的なもので、なんとかならないものか、と。ネットで検索してみると、磁気部分がいきていれば、セロテープで補修しても問題ない、みたいな記事はあった。が、補修したことで、ATMに入れたときに詰まったりしたら、”割れる”以上に面倒なことになりそうだな。これ以上の酷使を強いるのも心痛かったりする。うーん、さて、どうしたものか。

・ふと思いつく。壊れたキャッシュカードって、すぐ交換してくれるのか?と。銀行に電話して聞いてみた。「キャッシュカードにヒビが入ったのですが、窓口に持って行ったら、すぐに交換してもらえるんですかね?」、窓口の女性は「誠に申し訳ございません。新しいカードは郵送になりまして、10日〜2週間ほどのお時間を頂いております。」と、丁寧に教えてくれた。とても感じが良い。ファンになりそう(笑)古いカードは回収され、手数料はかからない、とも。(そっかぁ!時間かかるなぁ!)と思いつつも、紳士を装い、「わかりました、ありがとうございました」と電話を切った。はて、いつ銀行に行こうかな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です