読書メモ:ふたりの笑タイム 名喜劇人たちの横顔・素顔・舞台裏/小林 信彦・萩本 欽一



高度経済成長時代。その時代を支えたといっても過言ではない、芸人というより喜劇人たちの表と裏がわかる貴重な1冊。小林さんと欽ちゃんの対話から、当時の生き生きとした彼らの姿が蘇る。クレイジーキャッツ、ドリフターズ、若き日のタモリや、俳優になる前の渥美清、もちろんコント55号などなど。


<紹介・引用されてた本>
p19


日清食品「THE MANZAI 2012」を好き勝手にレビュー


去年優勝したパンクブーブーの
レギュラー番組って
どうなったのかな?
どうも、かずや、でっせ☆

既に3日経っておりますが、
いまだに今回の優勝者を知りません、(笑)
録画を観ながら、
好き勝手にレビューしてみます!

<審査員>
西川きよし、秋元康、テリー伊藤、オール巨人、ラサール石井、
大竹まこと、木村祐一、天野ひろゆき、鈴木おさむ

GroupA-予選11位-テンダラー
つかみの下ねたは、思わず笑った。
いや〜、去年と同じパターンなんだ。
これは、きびしい。
5でっせ。(基準)

GroupA-予選6位-ウーマンラッシュアワー
ブッラクなネタで嫌いではないんだけど、
どうもなぁ〜、と思っていたら、
これがフリになってたのか、なるほど。
4でっせ。

GroupA-予選5位-ハマカーン
お前女子じゃないだろ!(笑)
私は何を言ってるんだろ(笑)
組み立てがうまいっすね。
7でっせ。

GroupA-予選2位-オジンオズボーン
赤羽(笑)
2でっせ。

ファイナルラウンド進出:ハマカーン

GroupB-予選10位-トレンディエンジェル
確かにね、サザエさんやってる時間帯だもんね(笑)
杉田玄白のノリツッコミ(笑)
金環日食(笑)
5でっせ。(基準)

GroupB-予選9位-NON STYLE
つかみから、ボケの満車(笑)
要所要所で入れる、ヘアスタイル(笑)
安定感バッチリですなぁ。
10でっせ。

GroupB-予選4位-磁石
おもしろいっすね。
徐々に盛り上がってく感じがいいっす。
8でっせ。

GroupB-予選1位-千鳥
よだれだこ(笑)
ぽかりがわ(笑)
おもしろい。けど、去年の、はくべい、が脳裏をよぎる(笑)
9でっせ。

ファイナルラウンド進出:千鳥

GroupC-予選8位-スーパーマラドーナ
顔から火が出る。
5でっせ。(基準)

GroupC-予選7位-アルコ&ピース
忍者になって、
巻物をとりにいく(笑)
やべ、涙、でた(笑)
うまいこと、まとめましたね。
10でっせ。

GroupC-予選3位-笑い飯
西田の睨み(笑)
笑い飯ワールドですなぁ。
6でっせ。

GroupC-ワイルドカード-エルシャラカーニ
中盤からの展開がいいっすね。
こわい話(笑)
もう少し畳み掛けてほしかったかな。
8でっせ。

ファイナルラウンド進出:アルコ&ピース

ってわけで、ファイナルラウンドは、
ハマカーン vs 千鳥 vs アルコ&ピース。
2勝1敗ですね。
安定感からいうと千鳥なのかなぁ。

では、ここから、ファイナルラウンド。

ハマカーン
クリケット、興味あるかも(笑)
うまいっすね。
5でっせ(基準)

千鳥
ありゃ?ありゃりゃ?
2でっせ。

アルコ&ピース
ありゃ?と思ったけど、
変えてきたね。そりゃ、そうだよね。
なんか、楽しんでやろう!って雰囲気に感じた。
う〜ん、4でっせ。

果たして、優勝者は?

おめでとう!
ハマカーン!

総じて。
アルコ&ピースの予選のネタは、秀逸でしたね!
審査員全員が票入れてましたもんね。
それが決勝を厳しくしちゃいましね、残念。
ハマカーンのネタも、うまいっすね。
ドッカーン!までいかない笑いを
コンスタントに取る感じの組み立ては、うまいっす!
磁石、辞めないほうがいいっすね。
中盤からの厚木市民じゃないわ!的な
ノリツッコミ風が好きっす。
正直なところ、M-1で最初に観たNON STYLEは、
「?」って感じだったんだけど、
今回は、笑っちゃいましたね。
ある意味、”漫才”で遊んでる(笑)
“漫才”のタブーに挑戦したジャルジャルを思い出しちゃった(笑)

さて、来年は、どんな漫才が見られるかな?

※「好き勝手にレビュー」は、基本的にフィクションです(笑)