「PHPの更新が必要です」って言われてました。


どうも、かずや、でっせ☆

「PHPの更新が必要です」って言われてます。の続きであり、ひとまずの完結編です。

PHPのバージョンを7.xにあげて、ブログを表示すると、
Parse error: syntax error, unexpected ‘new’ (T_NEW) in /home/mayugebuta/www/blog/wp-content/plugins/evergreen-post-tweeter/Include/ept-debug.php on line 57
というエラーになりました。

evergreen-post-tweeter」のプラグインが、バージョン7に対応できていないみたいですね。このプラグインは「Evergreen Post Tweeter」で、過去のブログ記事を、ツイッターにランダムにツイートしてくれるプラグインです。過去の記事をツイートすれば、記事の掘り起こしもできて良いのですがね。ただ、今回のことで確認したところ、今年の3/12 20時を最後に止まってました。こういった「確認」っていうメンテも大事だな、と。

ちなみに、このプラグインの情報を見たところ、

となっていて、最終更新は5年前であり、注意書きのとおり、いまのWordPressバージョンにも対応してないようです。いまや、無用な長物と化してしまったプラグイン。残念。ってわけで、このプラグインは停止することにしました。

「サイトネットワーク管理」のダッシュボードを表示して、プラグインの中にある「Evergreen Post Tweeter」を「サイトネットワークで停止」しました。

これで見事、PHPバージョン7.x系で、エラーなく、ブログが表示されるようになりました。ダッシュボードに表示されていた「PHPの更新が必要です」のメッセージも消えましたとさ。めでたし、めでたし。


「PHPの更新が必要です」って言われてます。


どうも、かずや、でっせ☆

WordPressのダッシュボード見るとさ、
「PHPの更新が必要です」なんてメッセージ出てるのよ。
たとえば、こんな感じな。

だもんで、こりゃPHPのバージョンが古いんだわぁ〜思うて、この間、バージョンを変えてみたんよ。ほいだらさぁ、ブログ開いたら、エラーメッセージ出るでやんの。
こりゃイカン思うて、すぐにバージョン戻したから、どんなメッセージかも、よう、わからんでよ。

なんとなくじゃけど、何かのプラグインのバージョンが合ってへんから、エラーになってるような気もするんよね。何の根拠もない、ただの勘やけど。

ほいで、どっかのプラグインでも、更新せんといかんもんがないかの〜ってみたけど、なぁ〜んもなかったわ。。。笑

こりゃ、真剣に、エラーメッセージと向き合わんといかんのぉ。。。


Word Press のサイトを追加するには?



どうも、かずや、でっせ☆

1.[参加サイト]-[サイトネットワーク管理]-[ダッシュボード]をクリックします。

2.「現在の状況」の「新規サイトを作成」をクリックします。

3.サイトアドレス、サイトのタイトル、サイトの言語、管理者メールアドレスを入力します。

4.「サイトを追加」ボタンをクリックします。

以上!(´▽`)ノ


MarsEdit で「Send to Blog」すると「Post to Weblog Error」になってる話(さくらインターネットの「TLS 1.0/1.1無効化」が原因か!?)



この記事は、WordPressの管理画面から投稿しています。(何年ぶりだろうか。)

どうも、かずや、でっせ☆

いつものように、MarsEdit (Version 3.7.11(7630)) で記事を作って、投稿しようと「Send to Blog」をクリックすると、見慣れないメッセージのダイアログが表示されました。

=======================================
Post to Weblog Error

Can’t edit post for kazuya*desse because the server
reported an error: this server did not respond.
=======================================

な、な、なんですと〜!!
これは、何かが起きている模様です。

ブラウザでサイトにアクセスしてみると、正常に表示されます。
(だから、この記事も、書けているのです、苦笑)

MarsEdit の「Refresh」をクリックしてみると、

=======================================
Get Recent Posts Error

Can’t get recent posts for kazuya*desse because the
server reported an error: this server did not respond.
=======================================

多少、ちがいはあるものの、言ってることは同じです。
要は「this server did not respond.」なんだ、と。
Google先生の翻訳によると、「このサーバーは応答しませんでした。」とのこと。
ブラウザでは正常にサイトが表示されているので、サーバーは問題ないはずです。
FileZilla でも接続できたし。

うーん、何が起きているのか。
(ここまで記事を書いていて、今、誤ってブラウザの戻るを押したら、
もうこの記事は書かないだろうなぁ〜というスリリングな状態、苦笑。)

ネットで検索しても、これ!といった情報もなく。
ただ、「TLSで安全な通信」って記事をみつけました。

ほー、TLSねー、と。
このブログは さくらインターネット なので、サポート情報を見てみると、
TLS 1.0/1.1無効化のメンテナンスによる影響っていう記事を発見!
なんでも、2018年6月1日から順次、TLS 1.0/1.1を無効化していくとのこと。

なんか、これっぽくないです?
Qualys SSL Labs で確認すると、見事に TLS 1.2 だけが有効になっている模様です。
(ま、もともと、確認したことがなかったので、以前の状態はわからないのですが)

先週(5月の終わり頃)は、MarsEdit から正常に記事を投稿できていたし、
6月になって初めて投稿しようとしてのタイミングなので、ビンゴっぽいです。
(MacBook Air の設定を変えたってこともないしね。)

う〜ん、どうしたものか。
もう少し調べて見ます。
(ここまで書いてて、ブラウザからの記事投稿も、そんなに不便じゃないな、と思ったり。笑)


WordPress のバージョンを確認するには?



あれ?そういえば、バージョンいくつだっけ?

どうも、かずや、でっせ☆

そんなとき、ありますよね!
(なくても、あるって言ってね!!)

とっても簡単!

1.まず、WordPress のダッシュボードを表示します。

2.ずーっと、下にスクロールしていくと、右下に「バージョン 4.9.4」ってな感じで表示されてるはず!

うん、とっても簡単!


WordPressのプラグイン「BackWPup」で「Dropbox API (401) Access token not found」になったら?



バックアップは、大事だっちゅ〜の。
どうも、かずや、でっせ☆

なぜ、
いま、
パイレーツなのかは、
さておき。
「さておき」というより、出してくるな!って話ですな。

このブログはWordPress使ってまして、大事な大事な珠玉(?)の記事エントリデータのバックアップには、「BackWPub」っていうプラグインを使ってます。
スケジュールを設定できたり、バックアップの範囲を設定できたり、バックアップ結果をメールで教えてくれたり、と一通り十分な機能を持っています。

毎週1回、データベースのバックアップをスケジューリングしているのですが、いつの頃からか、結果のメールには、

Dropbox API (401) Access token not found

って書かれていて、バックアップに失敗してるらしいんすよね。
あ、ちなみに、メッセージをご覧のとおり、バックアップ先はDropboxにしています。

なんだか、面倒くさそうなので(←かなりの偏見、個人の意見です。笑)
放置していたのですが(苦笑)、
かれこれ数ヶ月たってるような感じもしてきたので、(←正確に把握してないし、するきもない、苦笑)
そろそろ、直そうと思って、ネットを検索してみたら、
まさしく、ドンピシャのブログ記事を発見!!

ブログ:黒猫さんぽみち(運営者:黒猫さん)
記事エントリ:BackWPup3.1.4でまたエラー。Dropbox API (401) Access token not found

ここに書かれたとお〜りに、やったら、見事成功!!
最初は、このブログでも、解決方法を書こうと思ったんだけど、
ドンピシャすぎ、かつ、黒猫さんの記事がわかりやすいので、
書きませんでした、とさ(苦笑)
(黒猫さん、ありがとうございます!!)


WordPress 本体を 3.5.2 から 3.6 に「更新」して気がついた気を付けなきゃイケないこと!



不用意な「更新」は、しないほうが無難ですね。
どうも、かずや、でっせ☆

先日、WordPress の新バージョン「3.6」が公開されましたね。

僕も、「3.5.2」から「3.6」に更新しました。

プラグインなどの更新と同じく、ダッシュボードから適用。超簡単!

適用も無事に完了。

そして、数日。。。

Google AdSense の収益が、¥0。。

くるひも、くるひも、収益が、¥0。。

!!!!

よくよく考えると、AdSense の広告を表示させるべく、WordPress のソースをいじっていたのを忘れていました

WordPress のメニュー「外観」−「テーマ編集」を選んで、index.php や single.php、content.php を見てみると、あるはずのソースが、キレイサッパリなくなっておりました(苦笑)

どんなソースを書いたかも、すっかり忘れていたので、WordPress のバックアップを引っ張りだして、追加したソースを探しました。

この「WordPress 本体の更新」は、気をつけないと、大損害に繋がりますね!!

不用意な「更新」は、しないほうが無難ですね。


WordPressプラグインのインストール方法



このブログのアクセス解析なんぞをできるようにしておこうと、
「WordPressの教科書」(ソフトバンククリエイティブ株式会社)に書かれているプラグインを使おうと思ったら、インストールされてなかった。orz、かずや、でっせ☆

備忘録的に書いておこうっと。


(1)管理画面の「プラグイン」ー「新規追加」をクリック。


(2)「検索」にインストールしたいプラグインの名前を入力して、「プラグインの検索」をクリック。


(3)検索結果の中からインストールしたいプラグインにある「いますぐインストール」をクリック。


(4)迷わず「OK」をクリック。


(5)インストールおしまい!

なんて、簡単なのだろうか。
すごいね、WordPressって。